ペットを飼おう

今は核家族化が進んで近所や親せきなどとの関係も希薄になりつつあるのですが、人間ではない動物との関係は深まっていくという不思議な現象が起こっています。

犬や猫を飼う人はどんどん増えていて、とくに最近は空前の猫ブームということもあり、ペットショップでも犬猫の人気は凄いです。

そんな犬や猫を家族として迎え入れるにはいろいろな方法があります。ここではその方法についてまとめました。

ペットショップで犬猫を迎える

通常ペットが欲しいと思った場合には、ホームセンターやペットショップなどでお金を払って迎えるという人が多いと思います。

中には飼う予定がなかったのに、一目ぼれで家族にしちゃうという人もいますよね。

メリットは手軽さ

ペットショップで犬猫を迎える場合には、極端な話「お金」さえあればいいということになります。

飼うための道具も全部揃うし、必要なワクチン接種や去勢や避妊なども済んでいることが多いので、あとはお金を払うだけということになります。

クレジットカード払いや分割払いなどにも対応しているところが多いので便利です。

あとは、人気の犬猫の種類が豊富なので、いろんな種類の中から選ぶことができます。

デメリットは人気の種類しかいないこと

ペットショップはビジネスの側面が強いので、犬猫を悪く言えば「商品」としての扱いになります。

したがって、売れる商品を多く並べて、売れない商品は取り扱わないということが基本ですから、人気のない犬猫の種類が欲しい場合は難しいでしょう。

また、複数の種類をそろえるので、1種類あたりの頭数が少なくなり、欲しい犬猫の種類が決まっている場合は選択肢としては少なくなります。

あとは、人気によって値段が高騰することがあるので、経済的負担も大きくなります。

特定のブリーダーから迎え入れる

欲しい犬猫の種類が決まっている場合には、その種類を専門に繁殖させているブリーダーの元で迎え入れるという方法もあります。

メリットはたくさんの中から選べる

欲しい種類が決まっている場合なら、ブリーダーを訪ねれば同種の子犬や子猫がたくさんいるので、その中からさらにお気に入りの子を見つけることができます。

ブリーダーの元だと血統もしっかりと管理されているので、毛並みの良い健康な子を迎えられる可能性が高いです。

ブリーダーの人は基本的には好きで育てている人が多いので、のびのびした環境でしつけなどもしっかりとしていることも多いです。

デメリットはブリーダーは少ない

欲しい種類がマニアックな場合には、ブリーダー自体が少ないということもあるのでなかなか見つからない、または、見つかっても他府県で遠いということがあります。

基本的には都会より、少し土地の広いところで営んでいるところも多く、交通の便も悪いことが多いです。

あとはやはり可愛い我が子を手放すような心境でもあるので、飼い主としての資質を審査される場合もあります。

里親制度を使って迎え入れる

迷い犬や被災した猫、その他捨て犬や猫など行き場のない子を引き取るというのが里親制度です。

メリットはお金がかからない

行き場のない犬猫を引き取るので、基本的にはお金はかかりません。(ワクチンや去勢、避妊などは別途必要な場合もあります)

殺処分になるかもしれない犬猫を1匹でも助けることにもなります。

デメリットは血統の種類は少ない

里親制度を利用して血統の犬猫を欲しいという人はまずいないと思いますが、里親制度で譲渡される犬猫の大半は雑種となります。

さらに子供でもないことも多く、すでに大人になった犬猫も多いです。それから身体が不自由な犬猫や何らかの病気を抱えた犬猫もいるため、そういった子を引き取るには飼い主としての経験値がないと難しいでしょう。

里親制度で引き取るには審査があるところもあり、飼い主にふさわしいかどうかなどの面談などがある場合もあります。

友人や知人からもらう

たまたま友人の中にペットをつがいで飼っていて子供が産まれる場合があります。

メリットは無料または安く迎えられる

知り合いから譲り受ける場合には、無料でもらえることもありますし、お金がいるとしても安く譲ってくれることが多いです。

同じ種類の犬猫の飼い主同士として情報交換などもできるでしょう。

デメリットは都合よく産まれない

知り合いがまずつがいで犬猫を飼っているというシチュエーションがまずあまりないことです。

さらにそのつがいから子犬や子猫が産まれるタイミング、そしてそれを受け入れたいと思うタイミングが合致しないとなかなか難しいでしょう。

とにもかくにも、犬猫などの生き物を飼うということは、死ぬまで面倒を見る覚悟を持って迎える必ようがあります。

安易に可愛いからというだけで飼わないようにしたいですね。